マンション経営のリスクを回避~収益を安全に手に入れよう~

お知らせ

講師と話そう

不動産案内

不動産投資セミナーは、不動産投資を行う人達に向けて基礎知識などを教えてくれます。セミナーによっては少人数で講義を行うセミナーもあります。そのようなセミナーならあらゆる知識を得やすいといえるでしょう。

» 詳細へ

物件に入居者を集める

家

賃貸管理会社は、物件の管理を行うだけではなく。集金作業なども行ってくれます。賃貸管理会社によっては、入居者の退去手続きなどを行ってくれるところもあります。賃貸管理会社のサービス内容を確かめておきましょう。

» 詳細へ

リスクを回避しよう

住宅

マンション経営を始めとする不動産投資はリスクが低いビジネスとして知られていますがリスクはゼロではありません。このため、マンション経営のリスクについて把握しておくことが大切です。マンション経営のリスクの一つとして、物件が古くなることが挙げられます。築年数が古くなればなる分、家賃相場が低くなるように物件が古くなっていくと、どうしても新築時のような価値を保つことはできません。ただ、物件の価値が低くなっても家賃を下げることやリフォームなどを行うことによって、入居者にとっては住みやすくなることから、入居者が集まりやすくなるのです。マンション経営の一つに家賃滞納というリスクが挙げられます。このリスクは家賃を集金できないということになりますが、賃貸管理会社に集金作業を代行してもらえることで回避できるリスクでもあります。賃貸管理会社によっては、集金できなかった家賃分を保証してくれることもあるため、このリスクを回避できるのです。マンション経営で最も発生しやすいといわれているリスクが空き室リスクです。ただ、物件の条件が良ければこのリスクも改善することが可能です。空き室リスクなどが改善されない時は一度リロケーションという方法を活用してみるのも一つの方法です。リロケーションでは管理会社に空き室を貸すことになります。マンション経営について詳しくまとめたサイトもあるため一度活用してみるのも一つの方法です。どうすればリスクを回避できるのか学んでおきましょう。

リロケーション会社に依頼

物件

リロケーションを行う時は、管理をリロケーション会社に代行してもらうのも一つの方法です。リロケーション契約の際には、貸し出す期間をはっきりと決めておくことが大切です。

» 詳細へ